車検切れの車のメンテナンス

車検切れの自動車を車検に通す場合には、いくつか注意が必要になります。
自賠責保険等の各種保険、自動車税の関係等もありますが、車検切れの期間が長ければ長いほど、自動車を動かしていないと言う事になりますので、自動車に不具合が発生している可能性もあるのです。
出来るだけ車検に一発で合格する為にはどのようにしたら良いのでしょうか。
車検切れの自動車と言うのは、ある程度の期間、エンジンすら掛けて以内と思いますので、エンジン等に不具合が生じている場合が考えられます。
様々なメンテナンス方法がありますが、せめて自分で出来る範囲のメンテナンスはやっておく方が良いでしょう。
自動車にあまり詳しく無いと言う方でも出来るのがエンジンルームの点検です。
エンジンオイルは盛れていないか、オイル量はレベルゲージのFとLの間、つまり規定量に達しているか、オイルの色は真っ黒ではないか等を確かめます。
この程度であれば余り自動車に詳しくない方でも何とかなると思います。
次に冷却水がラジエータータンクに規定量入っているか、著しい汚れが無いか等もチェックします。
これは見るだけなので、こちらも何とかチェックできるでしょう。
最後にウォッシャー液の量を確認します。
実はウォッシャー液が出ないと車検に通らないのです。
ウォッシャー液が少なくなっている場合は数百円で購入し、適量を補充しておくと良いでしょう。
以上の事を点検しておくだけでも、車検に通りやすくなると言えます。
車検は自動車を所有するにあたり、2年に1度必ず受けなければならないものです。
車検を通さない自動車は、車検切れとなり、車検切れを知っていてそのまま公道を乗っていると、免許証が取り上げられる等の罰則が発生する事があります。
いわゆる一発免停というものです。
一発免停になると、日常生活に支障が出る事はもちろん、一切の自動車を運転する事が出来なくなりますので、仕事で自動車を運転したり、通勤通学で運転する方にとってはかなりの痛手を負う事になります。
そうならない為にも車検は忘れずに受けるようにする事が大切です。
もしも車検切れに気付かずに自動車を運転していて、何らかの原因で車検切れが発覚した時にはどうなるのでしょうか。
qthrytrs
気付かずに車検切れの状態で自動車を運転していた場合は、罪にはならないと言われています。
罪にならないので罰則等は無く、早期に車検を受けるか、仮ナンバーの申請を出すなどして一時的に運転するかになります。
車検切れを知っているか知らなかったかによって大きな違いがありますので、車検については計画的に予約をするなどしてしっかりと受けるようにしたいものです。
また、故意に知らなかったふりをするようなことも絶対にしてはいけません。
そう言った状態は、いずればれるものなので、その場合には信用も失いますし、どんなにしらを切っても、免停は免れない事になるからです。もし自分の持っている車の車検が切れてしまった場合、車検切れの車ならクリック車検へお見せ下さい。車検切れ車検ができます。
車検とは、これほどの重大な意味を持っているものなのです。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

△PAGE TOP